春日大社・聖明神社

スポンサードリンク

春日大社・聖明神社:春日大社 末社

読み方

せいめいじんじゃ

建築年

不明

建築様式(造り)

春日造

ご祭神

  • 聖明神(せいめいのかみ)
ご例祭

7月15日

興福寺四恩院からお遷しされた慈愛と守護の神社

聖明神社は、慈愛と守護の神社であると言われています。元々は、興福寺の子院であった「四恩院」にお祀りされていた神社でした。

四恩院は現在すでに無く、場所は現在の奈良春日野国際フォーラムの近辺であったと伝えられています。聖明神社はそんな四恩院から移転され、春日大社の境内にやってきました。

元々のご祭神は「聖明神」ではなかった

聖明神社の元々のご祭神は現在の「聖明神」ではなく、弁財天、愛宕権現(あたごごんげん)、天満宮の3柱の神様が、合同でお祀りされていました。

弁財天は七福神の1人に数えられている仏法守護神で、富や愛情、芸術を守護してくれる女神です。

愛宕権現は、愛宕山の山岳信仰が元になった修験道の神様で、愛宕太郎坊天狗を祀ります。太郎坊天狗は神仏習合によって、仏教の地蔵菩薩と同一視されましたが、軍神の性格を持っていますので、仏の姿で図像に描かれる際には軍装した地蔵菩薩の姿を取っています。神道の面からは、軻遇突智神(カグツチノカミ)と同一視されました。

天満宮については、受験の時などにお参りをした方も多いでしょう。ご祭神は菅原道真、神の名を天満大自在天神(てんまんだいじざいてんじん)と仰います。学問の神であり、雷神でもあるこの神は、実は陰陽道の知識も豊富で、生前には陰陽師の呪いを自ら防ぐ、死後は陰陽師の鉄壁の守りを突破して祟りをなしたという逸話が残されています。

「聖明神」と同一視される「今木神」とは

聖明神社のご祭神である聖明神と同一視されている神様が、京都の平野神社にお祀りされている「今木神」(いまきのかみ)と呼ばれる神様です。

今木神は、桓武天皇のご生母につながる先祖神と言われており、元気と活力の神様であると伝えられます。

「聖明神社」と「安倍晴明」は関係があるのか

「聖明神社」という神社の名称と、「陰陽師からの信仰を受けた」という2つの記録から、聖明神社が有名な平安時代の陰陽師である「安倍晴明(あべのせいめい)」と関係があるのではないか、と推測する向きもあるようですが、聖明神社が安倍晴明にゆかりがあるという記録は現在のところ出ていません。

一方で、近世には聖明神社の祭祀を陰陽師が関わって行っていたという記録も残されており、聖明神社が陰陽師の信仰を集めることは間違いないようです。

一説によれば聖明神は暦の神であるとも伝えられます。世の中では、陰陽師というと妖怪退治のプロのように思われがちですが、本職としては暦や占いのプロですので、そういった意味合いで聖明神社は陰陽師からの信仰を集めていました。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






聖明神社の御利益

聖明神社の御利益としては、「日々の生活をお守りしてくださる」といったものがあります。聖明神は生活密着型で、毎日を活力あふれる過ごし方ができるように力を貸してくださる神様です。

また慈愛の神様とも言われていますが、なにげない日常をつつがなく過ごすにはそれだけ慈愛というものが大切だということなのかもしれません。

また、元々お祀りされていた愛宕権現(地蔵菩薩)や弁財天の性格がそのままこの御利益に残されているのでしょう。いずれも愛情深く、日常的な幸せを補助、守護してくださる神様です。

聖明神社は水谷九社めぐりの第6番納札社

聖明神社は、春日大社で行われている巡礼プログラムの1つ「水谷九社めぐり」の第6番納札社に指定されています。

水谷九社めぐりは、春日大社の北側に新しく龍王社が再建されたことを発端に、2018年から開始された参拝巡礼ルートで、すべて参拝を行うと特別なお守りと御朱印を授与していただくことができます。

聖明神社の御朱印は、上の写真の9つの御朱印のうち、中央列最下段のものです。朱印で「聖明神社」とあるのが見てとれます。

聖明神社の場所

画像は春日大社HPより

聖明神社は、春日大社本殿から徒歩6分の場所にあります。

エリアはご本殿から北上した、水谷神社付近のエリアとなります。水谷神社からは徒歩1~2分です。

水谷九社めぐりをしながら、水谷神社エリアの末社をぐるりと巡ってみるのがおすすめですよ!

聖明神社へ参拝できる時間

  • 参拝時間:24時間参拝可能
  • 定休日:なし(年中無休)
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ