「若宮社(若宮神社)」…春日若宮おん祭の神様「若宮さま」とは!

スポンサードリンク

「若宮社」…春日若宮おん祭の神様「若宮さま」とは!

春日大社の境内社の1つに、若宮社(若宮神社)があります。

日本における祭そのものとも言われる「春日若宮おん祭」で祭神となるのは、春日大社でお祀りされる春日大神ではなく、若宮神社にお祀りされている若宮様です。

しかしそれでは、若宮様とは何なのか。そして、若宮神社とは? そんな疑問に迫ります。

若宮神社の歴史

若宮神社は、ご神託によって創建された神社です。

若宮社創建より前、1041年(長久2年)に、春日大社ではかなり大きなトラブルがありました。

春日大神が6歳の童子に乗り移り神託を下していわく、

「春日の神は、供物であった神饌(神の食事)を受け入れない」

つまり、春日の神はもうこれ以上、日本を保護することをやめる! という意味のことを仰られたので、春日大社は上を下への大騒ぎになりました。

救いだったのは、神託の中に「なぜ供物を受け入れないのか」という理由が添えられていたことで、いわく、

「新しく誕生した神子に供物が捧げられていないから」

ということだったのです。

新しく誕生した神とは?

そもそも、1003年(長保5年)に春日大社ご本殿の床に、3升ほどの水の塊があらわれ、その中から神があらわれて、春日大社の第四殿に入った……と記録があります。

そして、その神様に供物を捧げていなかったため、40年ほど経過した後になって、神様からダメ出しが来たというわけです。

そういうわけで、1041年以降は春日大社の神殿内で、新しい神様(=若宮様)に向けていっしんにお祀りが続けられました。

若宮神社創建は1135年(長承4年)

1132年、長承年間に入りますと、疫病、飢饉が全国的に流行しました。

そこで、当時すでに関白を引退していた、藤原忠実(ふじわらのただざね)が、若宮御殿……つまり若宮社の建設を命じます。

若宮様のご加護をもって、疫病、悪天候、飢饉といった自然災害を防ごうと考えたのは、当時の考え方としては至極まっとうと言うことができるでしょう。

そこで春日大社では7日に及ぶ祈願が行われ、選定の結果、境内の、現在の若宮本殿のある場所に、神殿の幻影とその神殿に奉職する神職たちの幻影が現れたと伝えられています。

結果として1135年に、現在の場所に若宮神社が創建され、2月27日に春日大社の本殿から御遷座されました。

若宮様は奈良の神、水の神

春日大社のご本殿に祀られているのは、春日大神様と仰います。

具体的にご本殿に祀られるのは

  • 武甕槌命(タケミカヅチノミコト)
  • 経津主命(フツヌシノカミ)
  • 天児屋根命(アメノコヤネノミコト)
  • 比売神 (ヒメガミ)

の4柱の神様です。これらはいずれも、日本神話を出自とする神様です。中でも第四殿に祀られる比売神については、天照大神(アマテラスオオミカミ)と同一視されています。

これらの神々とは違い、若宮神社の若宮様は、奈良で生まれた奈良の神様として、とても大切にされています。

また、さきほど若宮様の出自についてご紹介しましたが、若宮様は水から生まれた神として、水の性質を持っています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






若宮様=水の神、その真相は……

若宮の神が水の神であることには深い意味があります。

若宮神社が創建された時、日本は飢饉にあえぎ、流行する疫病に疲弊していました。

これらの社会問題を解決するカギが「水」です。

飢饉や疫病といった社会問題は、主に治水がうまくいかないことによって起こります。水が不足すれば旱魃(かんばつ)から飢饉が起こり、湿気が多すぎれば疫病が起こり、洪水になればまた飢饉となります。

順調に豊作を得られ、むやみに病が発生しないためには、ちょうどいい降水量がどうしても必要です。

雨量の調節を司るのは水の神です。若宮の神が水から生まれたとされる伝説は、水の神を求める当時の信仰にぴったりとマッチしているといえます。

ところが、春日大社に元々祀られていた4柱の神様のうち、水の神は1柱もいないことになります。

そこで、新たに水の神の存在を奉ることとなったのが、若宮神社の存在意義なのでしょう。

なお、若宮神社の大祭とも言える「春日若宮おん祭」では、お渡り式において、馬長児(ばちょうのちご)が先導する「恋笹(こいざさ)」、馬長児の従者が頭に掲げる竜神の飾り、従者が腰にさげる一本足の下駄など、水神や雨乞いにまつわる小物が様々に登場します。

春日若宮おん祭を見に行くにしても、若宮様が水の神であるということ、春日若宮おん祭の全体が順調な雨水の恵みを水神に願うものであったということを念頭に置いておくと、祭の意義をより明らかに感じ取ることができるでしょう。

若宮神社の御朱印について

この若宮神社では御朱印を授与されています。ただし、授与されている場所は付近に位置する「夫婦大国社」になります。

御朱印以外にも「若宮十五社めぐり」なる御朱印めぐりも存在します。

以上のページで詳しく報じておりますので、あわせてご確認ください!

若宮神社へ参拝できる時間

  • 参拝時間:24時間参拝可能
  • 定休日:なし(年中無休)
スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ