奈良・興福寺の南円堂藤はいつ満開?見頃・見どころ・藤原氏との関係は?

スポンサードリンク

奈良・興福寺の南円堂藤はいつ満開?見頃・見どころ・藤原氏との関係は?

奈良の興福寺境内、南円堂で見られる「南円堂藤」の見頃や由来についてご紹介します。興福寺南円堂は藤が見どころの1つですが、藤の開花時期は非常に短く、ちょっと遅れるともう見頃を過ぎてしまっているという一面も。見頃、見どころをしっかり確認して出掛けましょう!

興福寺の「南円堂藤」とは?

奈良の興福寺南円堂前にある藤棚

南円堂藤は、奈良興福寺の南円堂前にある藤棚の藤を指しています。藤棚は南円堂の左右にありますが、中でもとりわけ有名なのが、南円堂を見た時に右側に生えている、「左近の藤」です。

興福寺南円堂の「左近の藤」とは?藤原氏の植えた藤の木!

興福寺南円堂を正面に見たとき、右側に生えている藤は「左近の藤」と呼ばれ、特に珍重されています。

この「左近の藤」、なんと! 興福寺南円堂を建立した藤原冬嗣が手ずから、つまり自分で! ここに! 植えた藤の木であると言われています。

しかし、やはり興福寺も度々戦火に襲われていますので、藤の木は一度枯れかけてしまい、正保寛文年間(1644~1673年)に水野石見守忠貞という人物によって接ぎ木が行われた、と伝えられています。

この由来については、左近の藤の根元にある石碑に刻印されていいます。

現在は花崗岩の柱で囲われた藤の木の根本に注目すれば、かつては大層太く勢いがあったものが、腐って弱ったのであろうことが推測できます。

右側なのに左近なの?

南円堂を建物の外から見た時に、右側にあるのが「左近の藤」です。

これは、左近の「左」が「南円堂の側から見た時の左側」から来ている方向だからです。

有名な言葉では、桃の節句に飾るおひな様にまつわるもので「右近の橘、左近の桜」といったものがありますが、これも、お内裏様(お人形)から見て右側か、左側かということを指しています。ですから私たちがおひな様を見ると、橘は左側で、桜が右側……というのが本来の置き方です。

藤棚のサイズは?

左近の藤はとても大きな藤棚に、藤の花がたくさん下がる美しい藤です。

この藤棚のサイズは、幅12m×長さ3m、高さ2.4mとなっています。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






品種は「のだふじ」

左近の藤の品種は「のだふじ」です。

藤の品種は色々とあるのですが、「のだふじ」という藤は、日本国内に自生している2種類の藤のうちの1つです。(もう1品種はヤマフジ。)

のだふじの名前は、元々は古くからのだふじが多く自生していた、大阪市の野田にちなんで名付けられました。

のだふじの特徴としては、まず長い花穂(かすい)が挙げられます。上のほうから、先端部分にかけてだんだんと花開いてゆきます。ツルは、右回り(時計回り)に巻くのが特徴です。

ヤマフジの場合、花穂は短く、1つの花穂がいっぺんに開花するのが特徴です。また、ツルはのだふじと違って、左回りに巻きます。

フジの中には、中国原産の種類もありますが、のだふじは長い花穂が先細りになり、繊細でたおやかな印象を与える、ワビサビの効いた花もようが見どころとなります。

興福寺南円堂の藤は奈良八景(南都八景)の1つ!

南都八景というのは、室町時代の寺院、蔭涼軒(いんりょうけん。あるいは「おんりょうけん」とも)の軒主であった季瓊 真蘂(きけいしんずい)の記録に記された、奈良の8つの名所です。

この記録に曰く、南都八景とは、

  • 佐保川蛍
  • 東大寺鐘
  • 三笠山雪
  • 春日野鹿
  • 南円堂藤
  • 猿沢池月
  • 雲居坂雨
  • 轟橋旅人

の8つ。奈良エリアで見られる美しいもの、情緒のあるものベスト8の光景は、今でも奈良で見られるものがほとんどです。ぜひ探してみてくださいね。

興福寺南円堂「左近の藤」の開花時期、見どころは?

開花は4月上旬~中旬……2018年は4月7日に開花

まず左近の藤の開花時期ですが、例年は4月上旬の末、あるいは4月中旬と言われています。

ただし2018年は開花が少し早く、4月7日に開花を迎えました。

温暖化などで花の咲く時期が早まっている昨今、左近の藤を見るなら、早めに開花することを念頭に置くと良いかもしれません。

満開・見頃は4月下旬~ゴールデンウイーク

暖かい場合は早めの見頃を予想しましょう

興福寺南円堂の藤が満開になるのは、4月下旬です。

ちょうどゴールデンウィークの頃に、満開の末期を迎えるとあって、興福寺ではゴールデンウィークの混雑はひとしおです。

通常なら、ゴールデンウィークまで藤が残っているのが常ですが、2018年の場合はかなり暖かく、4月中旬に既に見頃を迎えていました。このため、ゴールデンウィークには既に見頃を過ぎた印象でした。

したがって見頃と言えるのは、確実性が高いのは4月下旬。見頃の可能性が高いが確実とは言えないのがゴールデンウイークと言えそうです。

藤の見頃は短い!

藤は、開花してから散るまでが2週間ほどと、見頃が短い植物です。ゴールデンウイーク頃に満開、見頃となるのは遅咲きの品種で、のだふじは遅咲き品種の1つとなります。

奈良興福寺と春日大社のエリアは、春日大社砂ずりの藤など、藤の見どころがいくつもありますが、ゴールデンウィークにあわせて訪れる場合は早咲きの藤は既に見頃を終えています。より多くの藤を見たい場合は4月中旬~下旬など早めの訪問が良いかもしれません。

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ